四寺廻廊の色紙・御朱印・御朱印帳|受付時間や場所、値段などについてご紹介

御朱印

四寺廻廊の読み方は「しじかいろう」で、東北地方の4つの寺を巡礼することです。

今回は、四寺廻廊について以下のようなことを紹介していきます。

  • 四寺廻廊とは
  • 四寺廻廊の御朱印・御朱印帳の受付時間や場所、値段
  • 四寺廻廊の御朱印帳のデザインやサイズ、価格
  • 四寺廻廊の色紙

東北地方の御朱印巡りと一緒に四寺廻廊もいかがでしょうか。

スポンサーリンク

四寺廻廊とは

四寺廻廊(しじかいろう)とは、平安時代に慈覚大師円仁というお方がお開きになった東北地方の4つのお寺が協力し始めまた巡礼コースのことをいいます。

その4つのお寺を北の方から順に紹介します。

  1. 中尊寺:岩手県平泉町
  2. 毛越寺:岩手県平泉町
  3. 瑞巌寺:宮城県松島町
  4. 立石寺(山寺):山形県山形市

江戸時代に俳人芭蕉が「奥の細道」でこの4寺を巡拝しています。

四寺廻廊の巡礼方法

四寺廻廊の参拝に順番はありません。

最初にお参りをしたお寺で四寺廻廊の専用御朱印帳を購入し、四寺を廻ります。

四寺を廻り終え全ての御朱印が揃うと「結願の印」と最後のお寺のご住職の色紙がいただけます。

また、四寺廻廊の授与品として「四寺廻廊お守り」500円や「四寺廻廊写経」1,000円(納経料として)があります。

四寺廻廊写経は写経をお納めると証として守り札をいただけます。

四寺廻廊の御朱印

 

どのお寺から始めても大丈夫ですが、四寺廻廊の御朱印にはルールがあります。

それは、御朱印の配置が決まっている事と右から参拝順に参拝日と寺名を記帳されることです。

こんなかんじ↓

なので、1番目に立石寺をお参りして御朱印をいただくとこうなります。

スポンサーリンク

四寺廻廊の御朱印・御朱印帳の受付時間や場所、値段

四寺廻廊の御朱印・御朱印帳受付時間は、各寺院の参拝時間内で御朱印代は各寺300円です。

はじめに御朱印帳と御朱印をいただくので、御朱印代を含み専用御朱印帳購入で1,000円になります。

四寺廻廊の御朱印 中尊寺

中尊寺で四寺廻廊の御朱印をいただける時間(参拝時間)は以下の通りです。

参拝時間
3月1日〜11月3日8:30~17:00
11月4日〜2月末日8:30~16:30
※10分前に拝観券発行を終了

いただける場所は、本堂の向かって左手にある御朱印所です。

山門をくぐると正面が本堂で、左手に御朱印所があります。

中尊寺ではたくさんの御朱印をいただけるので、全ての御朱印を一緒にいただくにはかなりの所要時間がかかります。

拝観料がかかり、条件もありますが金色堂の特別御朱印をいただくことができます。

ぜひ一緒にいただいてください。

中尊寺の御朱印は「金色堂」から!種類や値段、時間や場所、駐車場などまとめて解説
京都から遠くから離れた岩手県の平泉に平安時代の京都に匹敵する寺院が生まれ、令和の現在まで存続している寺院があります。 それが、奥州藤原氏三代(清衡・基衡・秀衡)ゆかりの寺として知られ、世界遺産となった岩手を代表する寺院「中尊寺」です。...

中尊寺詳細

四寺廻廊の御朱印 寺越寺

寺越寺で四寺廻廊の御朱印をいただける時間(参拝時間)は以下の通りです。

参拝時間
3月3日~11月4日8:30~17:00
11月5日~3月4日8:30~16:30

いただける場所は、山門入って右側の御朱印所でいただけます。

なお、毛越寺は拝観料がかかります。

大人700円
高校生400円
中学生・小学生200円
※団体割引、障害者料金有

山門に拝観発行所があるため、御朱印所に行くには拝観料を払って・・・という所ですが、御朱印のみをいただく場合は、予め拝観受付でその旨を伝えた上で、御朱印をいただくことができます。

四寺廻廊の巡礼は、何度でも出来るため一度お参りをした場合のみ御朱印だけをいただくようにしましょう。
毛越寺(平泉)御朱印・御朱印帳|種類、時間や場所は?見どころや駐車場情報も紹介!
中尊寺のある平泉にはもう一つ著名な寺院が毛越寺で読み方は「もうつうじ」です。 今回は毛越寺の御朱印について紹介すると共に見どころや駐車場情報を一緒に紹介していきたいと思います。 毛越寺(平泉)御朱印種類、受付時間や場所は? ...

毛越寺詳細

スポンサーリンク

四寺廻廊の御朱印 瑞巌寺

瑞巌寺で四寺廻廊の御朱印をいただける時間(参拝時間)は以下の通りです。

開門時間閉門時間
1月8:3015:30
2月16:00
3月16:30
4月~9月17:00
10月16:30
11月16:00
12月15:30
※令和3年4月1日改定
※最終受付時間は閉門の30分前

いただける場所は、拝観受付所左手にある朱印所でいただけます。

瑞巌寺は拝観料がかかります。

大人
(大学・各種校・高校含む)
700円
小人
(中学校・小学校)
400円
※団体割引、障害者料金有

拝観受付所は、拝観券自動販売機の前にあるので拝観券を購入して入らないといけないかんじがしますが、御朱印のみをいただく場合は、予め拝観受付所でその旨を伝えた上で、御朱印をいただくことができます。

四寺廻廊の巡礼は、何度でも出来るため一度お参りをした場合のみ御朱印だけをいただくようにしましょう。

瑞巌寺でいただける御朱印は四寺廻廊の御朱印の他に五大堂の御朱印もいただけ、その周辺にも御朱印をいただくことができます。

瑞巌寺は松島の観光スポットにもなっているのでや時間に余裕をもって参拝しましょう。

瑞巌寺・五大堂|御朱印、御朱印帳限定はある?受付時間や場所、円通院の御朱印も紹介
宮城県といえば「伊達政宗」はじめ歴代の伊達家によって統治された「仙台藩」が知られ、仙台市の北にある松島町には伊達氏のゆかりの著名な寺院が「瑞巖寺」。 今回は、瑞巌寺の御朱印について紹介すると共に円通院の御朱印やアクセス情報もあわせて紹...

瑞巌寺詳細

四寺廻廊の御朱印 立石寺

立石寺で四寺廻廊の御朱印をいただける時間(参拝時間)は、8:00~17:00です。

いただける場所は、根本中堂内の左側です。

立石寺ではたくさんの御朱印をいただけますが、根本中堂以外の御朱印は登山口先に御朱印をいただけるところがあるので、入山料がかかります。

大人300円
中人(中学生)200円
小人(四歳児以上)100円
※団体割引有

登山口からは公式サイトでは所要時間往復で1時間30分とありますが、休憩や各スポットでの見学などで違いがでてきます。

立石寺 (山寺)御朱印・御朱印帳まとめ!所要時間や駐車場・アクセス情報も紹介
山形県で有名な寺院こそ「立石寺」通称「山寺」です。 「山寺」の名前の通り、一つの山を境内とする寺院です。 立石寺は1,000段続く石段と急な坂道などその参道にたくさんの御朱印がいただけます。 今回は、立石寺の 立...

立石寺詳細

スポンサーリンク

四寺廻廊専用御朱印帳のデザイン・サイズや価格

四寺廻廊の専用御朱印帳は、観音開きの3つ折りで仏壇などにお祀りできるようになっています。

サイズは、18cm×12cm。

価格は、御朱印代含む価格で1,000円です。

スポンサーリンク

四寺廻廊の色紙

四寺廻廊巡礼の最後のお寺でいただけるご住職の色紙について紹介します。

色紙は和紙に保護され、紙に包まれた状態でいただきます。

色紙のサイズは、一般的な色紙サイズの1/4のサイズ。

四寺廻廊の最後のお寺でいただける色紙の真ん中一文字は各寺で違います。

なお、貫主が変わられると色紙も変わるようです。

【現在のお寺でいただける色紙】
  • 中尊寺:「慈」
  • 寺越寺:「浄」
  • 瑞巌寺:「鼎」
  • 立石寺:「信」
スポンサーリンク

四寺廻廊の色紙 中尊寺

 

この投稿をInstagramで見る

 

仙台五六八(@senmitsu2019)がシェアした投稿

四寺廻廊の色紙 寺越寺

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉見 理子(@michi.y26)がシェアした投稿

四寺廻廊の色紙 瑞巌寺

 

この投稿をInstagramで見る

 

moca_goshuin(@moca_goshuin)がシェアした投稿

四寺廻廊の色紙 立石寺

四寺全ての色紙をいただいて合わせると一般的は色紙のサイズになるので、色紙額に入れて飾るととても良い感じ。

スポンサーリンク

さいごに

東北地方の代表的な寺院である四寺の巡礼四寺廻廊

コロナの状況下ですが期限もなく参拝できるので、四寺いずれかに訪れる機会があれば四寺廻廊の御朱印をいただいておくというのはいかがでしょうか。

 

 

タイトルとURLをコピーしました